カテゴリー:税務調査

  • 顧問税理士の立場について説明して下さい

    取引関係の説明だけで税務調査が何事もなく終わればよいですが、現実には思いもよらないことに対し説明を求められ、いくら説明しても調査官が納得してくれずに夜も眠れないほど思い悩むなんてことはよくあります。調査が進むにつれてあぶ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 法令の種類について説明してください

    法律は社会のあり方を定めているルールですが、その法律も一定の約束事を基にして作られています。そもそも世の中にはどんな法令があるのか、「法令の読み方」という本を参考にして簡単に説明していきます。 初めに、憲法は以下の条文の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 受忍義務について説明してください

    税務調査は法律上の手続きとしておこなわれるものであり、調査官から調査の通知を受けた社長は税務調査を必ず受ける必要があります(調査の日程などはお互い都合のいい日に調整することが可能です)。これが受忍義務であり、憲法のもとで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 調査官の質問検査権について説明してください

    税務調査というと、帳簿書類をみながら税務調査官がする一方的な質問にうまく返答できなかった社長が修正申告を余儀なくされるというシーンが浮かびますが、税務調査は税務当局と納税者との間の法律関係であり、事実はまったく異なります…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 実地調査・帳簿調査・反面調査について説明してください

    実地調査とは、実際に法人に臨場して調査することであり、最初に代表者に面接して会社の概要を聴取します(会社の業務内容や会社の歴史、代表者の方の経歴、また売上の計上方法や仕入れ、外注の決済方法など)。概況をしっかりと聴き取っ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • KSKシステムについて説明してください

    税務調査は、法人税調査事案、消費税調査事案ともに同じような手続きでおこなわれます。まず、調査部門の統括官が2月決算から申告書を見始め、2月決算法人の場合には4月末に申告書が提出されます。その申告書は、資産課税や源泉所得税…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 窓口での流れについて説明してください

    毎年、個人事業者や法人の代表者の方が税務署に提出している申告所得税や法人税の申告書ですが、これまでは税務署の総務課が申告書等の収受の窓口でした。しかし、平成21年7月に管理運営部門が新設されて申告書等の収受の窓口となって…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 特別国税調査官と統括国税調査官について説明してください

    調査部で主に税務調査を実施する部署は、東京国税局を例にとると調査第一部に設置されている特別国税調査官と調査第二部から第四部にかけて設置されている統括国税調査官です。特別国税調査官には総括主査、主査、調査官が配置されており…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る